転職コラム・口コミ

HOME > 転職コラム・口コミ > コラム > 類は友を呼ぶ(2)

類は友を呼ぶ(2)

2017.07.21

転職活動に思うこと

転職活動の動機には様々なものがあるでしょう。「仕事内容」「上司との関係」「同僚との関係」「家庭の事情」「会社の状況」「今後のキャリアプラン」などなど。

もちろん、そのことについて、考えていくことは大切なのですが、ベースとなっている皆さんの考え方や認知の傾向など、ベースにある「心のあり方」を変えないと求めているような「転職」ができないケースもあるように思います。例えば、上司が口うるさい上司で、自分の思うように仕事を進めることがなかなか出来ないと思い、もっと自由闊達な雰囲気の会社に転職しようと考え、会社を移っても、今度は、何かと注文の多いクライアントばかりの業界で、やはり、思うようには提案が通らないとかです。

だから、人生に何度かある岐路に立ったとき、少し肩の力を抜いて、じっくりと自らのキャリアを振り返ることも大切だと思うのです。

「それでも自身の今後がよくわからない」そんな時にどうしたらいいでしょうか?まわりのあなたのことをよく知る人たちに聞いてみてはいかがでしょうか。尊敬する上司がいたら上司でもいいでしょう。父母や配偶者、兄弟姉妹のこともあるでしょう。学生時代の友人もいいでしょう。そして我々のような「キャリアコンサルタント」も利用してください。その際は、複数のコンサルタントの意見を聞くことが重要だと思います。キャリアコンサルタントも人間です。完ぺきではありません。やはり「認知・思考のクセ」を持っています。サポートを多岐に持つことが、皆さんの今後のキャリアには大変役立つことになると思います。

TOP