転職コラム・口コミ

HOME > 転職コラム・口コミ > コラム > マラソンと人生とビジネスと

マラソンと人生とビジネスと

2017.11.06

久しぶりのマラソン大会

 10月29日に静岡の大井川マラソンに参加致しました。この日は、台風が接近中ということで、開催が危ぶまれましたが、雨の中、スタートすることになりました。制限時間7時間の初心者でも参加ししやすい、川沿い中心の平坦なコースです。第9回のこの大会ですが、第1回大会は、私にとっては、初マラソンの大会でした。第6回大会までは、毎年参加していましたが、最近2回は不参加でした。今回は、仕事が忙しいこともあって、十分なトレーニングもせず、週1回の10~15キロランのみで、無理して出場しました。天候が良ければ、それでも何とかなったかもしれませんが、雨でもあり、タイムはとても人に言える出来ではありませんでした。寒がりのため、防寒対策に着込んだウエアの腕部分が雨水を吸って重くなり、肩回りが痙攣するほど固くなり、足元も、時々大きな水たまりの中を走るような状況で、足も少し頑張ると痙攣寸前となりました。それでも、台風により雨脚が激しくなる前に走り終えることは出来ました。たるんだおなかの肉も少しは引き締まったような気がします。そして毎回のことですが、こう思うのです。「次回はリベンジするぞ!」

人生と重なる部分

 ゴルフなどでもよく言われますが、マラソンも人生そのものという気がします。道のりが長いのです。根性だけでは何ともなりません。日頃の鍛錬も重要です。数キロ調子よくは知れても、42.195キロを同じように走りきることは出来ません。体調は、数キロごとに驚くほど変化します。苦しくなって来たかと思うと、また調子よく走れたりします。でもそれも長続きはしません。自身の体調とよくコミュニケーションをとりながら、マイペースを守りながら一歩一歩が大事となります。歩みを止めないのも大切です。出来るだけピッチは落とさずに、前へと進むことが大切です。水戸黄門のテーマソングではありませんが、「人生楽ありゃ、苦もあるさ、・・・泣くのが嫌なら、さあ歩け(走れ)」です。そして、瞬発的な「根性」より。継続的な「前に進む意思」が大切となります。とにかく、淡々と前に、前にです。今回も、それは、出来たようです。

ビジネスと重ね合わせて

 起業してまだ日が浅い今年は、ビジネスとも重ね合わせての走りとなりました。雨で欠場やリタイヤが多い中、全く、それは考えませんでした。苦しかったのでしょうが、苦しいともあまり思いませんでした。マラソンは、今の私には日常そのもののような気がします。走り続けることが、前に進むことが、必要不可欠な日々だと思うのです。マラソンと違い、ビジネスにゴールはありません。ビジネスでは、まだ、中間点にもたどり着いていないでしょう。一喜一憂せずに、一歩一歩前に進めていかなければ、明日は迎えられません。こちらは、いつ、ゴールしたと感じることが出来るでしょうか。自分を信じて前に前にと、こちらも歩を進めるだけです。

 

TOP