転職コラム・口コミ

HOME > 転職コラム・口コミ > コラム > スターウォーズの「フォース」に思うこと

スターウォーズの「フォース」に思うこと

2017.12.17

「フォース」とは何か

スターウォーズの最新作が封切りとなり、その少し前に、旧作がいくつかテレビで放映されていました。新作も含め、ご覧になった方も多いのではないでしょうか?スターウォーズでいつも思い出すのは、ルークが師匠のヨーダにフォースについて学ぶ場面です。水中に没している飛行機を思念することで浮上させる訓練の際、ルークは、「こんな大きな物体はとても持ち上がらない」と言ったかどうかは、わかりませんが、訓練に失敗します。それを見て、少し失望の色が出るヨーダ。そしてヨーダがいとも簡単に水中から浮上させると、ルークが叫ぶのです。「信じられない!」それを聞いたヨーダが言う言葉が忘れられません。「だから、失敗するのだ」

物事を成し遂げようと努力する人たちの中のどのくらいの人たちが、それを成し遂げることでしょうか。その成否が、このヨーダの言葉の中にあるように思います。何事かををなすためには、まず、自身の中に明確な「出来る」という信念、イメージ、ビジョンといったものが、強固に形成される必要があります。「出来ないかもしれないけど、がんばろう」程度では、事は成就しません。スポーツでもビジネスでも、いろいろなチェックポイントを設けて、目標達成に挑むわけですが、それは、この「出来るというイメージを自身の中に形成していく訓練」とも言えるのではないでしょうか。

「フォース」とは何か?これは。SF映画の中の創作ではありますが、物事を具現化し、世の中に革新的な変化をもたらす経営者たちの持つ、クリエイティブなチャレンジングスピリットと通ずるものがあるように思うのです。フォースを覚醒させ、ライトサイドに世の中を革新していく経営者とその仲間たちに幸あれ(ピース)です。最後は、当社の宣伝ですが、そんなトレンドを作っていきたいという思いを社名にも込めているわけです。

 

TOP